ラーメン店舗の内装解体

ラーメン店舗の内装解体 日本ではラーメンが国民食として定着しています。そのため、街中には数多くのラーメン店があり開業をする方から廃業する人も多くなっています。この店舗を仕舞う際は、必ず解体専門会社に依頼をして、内装を変更しなくてはいけません。特にテナントとして借り受けていた場合は、取り交わしている契約書に原状回復を実施したうえで返却すると記載されているほどです。
まず店舗を閉めたあと、内装の撤去を実施することになります。カウンターや仕切りを取り壊し、その後、天井を取り外す手はずとなります。水道管を新たに敷設した場合はその配管を撤去し、最終的には電気配線の取り外しをして完了です。電気配線を最後まで残しておく理由は、解体作業時に使用する工具類の電源供給をなされるからです。また、配電装置は必ずブレーカーを落とすことになるので、すべてが綺麗に片付いてからでないとプレーカーを落とせないという特性があるのも、大きな理由となっています。

飲食店舗の解体作業

飲食店舗の解体作業 ラーメン店やカフェ・食堂など、飲食店舗は各種さまざまなものがあります。都会にある店舗は大半がテナントとなっており、業務を終えて店じまいをする時は必ず内装を解体する必要があります。
その作業の手順を一つずつ見ていくと、まず最初におこなうのは壁の撤去です。この壁は店舗が営業をしていた際の客席の区切りとして活用されているのがほとんどであり、解体作業時には邪魔になります。次に実施するのが厨房内の調理機器の撤去と、電気配線の処理です。空き店舗にするには必ず電気配線を正しく片付ける必要があり、そのまま断線させないでいると火災が起こる恐れがあります。調理機器については専門会社に依頼をすれば買取ってもらうことも可能なので、施工が入る前に自身で手配をしておきましょう。最終的に必要な処理は、原状回復をするということです。テナントの場合は借りた当初の外装・内装に戻さないといけないので、必ず同じ姿にして退去をしましょう。