店舗解体の打ち合わせで確認すること

店舗解体の打ち合わせで確認すること 店舗をスケルトン解体などをして返却する場合、費用や保証金、返却期日など考えないといけないことは多いです。
そのための打ち合わせは重要で、オーナーやビルの管理会社と返却方法や原状回復工事などの注意点なども確認します。
ビルなどは他のテナントや管理会社の都合で、工事をする時間など制限される部分や配線、配管などの問題が起きることもあります。
業者に依頼する前に通常の建物解体と同じような手順ですが、現場調査ではオーナーやビル管理会社にも同席してもらって、細かい部分も業者へ確認してもらった方が正確な見積もりも出してもらえます。
実際の工事ではトラブル回避にもなるので事前の打ち合わせは重要です。
スケルトン工事だと内装を借りたときと同じ状態へ戻すことが基本ですが、実際に行う工事内容は物件で違い壁は残したままで良かったり、店舗内装は全て行い撤去してからコンクリートむき出しの状態にすることもります。
また、貸主の意向でエアコンなどの一部の設備は残してほしいこともあり、見積もり依頼でも貸主・借主・業者が内容を把握することで、色々な状況でも対応出来ますし認識の食い違いでのトラブルも避けられます。

店舗の解体工事を行うときには業者選びが大切です

店舗の解体工事を行うときには業者選びが大切です 店舗の解体工事を計画しているという人はいませんか。
工事を行うときには、業者によって解体にかかる費用が変わってきます。
どの業者であれば費用を安く抑えられるのかを比較して依頼することが大切です。
また、作業には考えているよりも長い時間がかかるものです。
業者が忙しい時期などもありますので、テナント返却の期限を把握し、できるだけ早めに相談するようにするといいでしょう。
特にいろいろな業者の中から見積もりをもらって検討を行う場合、現地調査や契約に至るまでの日数も必要です。
しっかりとした業者を選ぶために計画的に行動することが重要です。
店舗を壊すときには、大きな音が出たり細かい粉じんが発生したりします。
そのため、事前に近隣の店舗への挨拶をしておくことが最低限のマナーとなります。
養生シートを貼る、挨拶回りを行うなどきちんとした対応のできる業者を選ぶと安心です。
さらに、配線、配管などの破損をされて困らないようにも図面を見せて打ち合わせをし、トラブルの発生を防ぐようにしましょう。
信頼できる業者を選ぶためにも、ホームページなどで実績を確認し、経験豊富かどうかをチェックしてください。